どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職

フリーランスか転職か?迷っているあなたのための情報提供サイトです

どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職
アクセスランキング

どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職

ひと昔前まではネガティブなイメージが強かった「転職」はキャリアアップ実現のための前向きなアクションとして捉えられるようになり、また、個人事業主として独立している「フリーランス」も実力次第で活躍しやすい環境が整いつつあります。先行き不透明な時代だからこそ、一企業への依存体質から抜け出して自らの力で稼ごうという意識が高まっているのではないでしょうか。フリーランスになるべきか、転職すべきかを考えることは、前向きな人生設計のひとつです。

どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職

本サイトについて

終身雇用が終わりに近づいている現状では、今働いている企業の業績不振や経営方針の変更などによって、明日リストラされる、ということもありえます。そのため、「その企業独自のやり方を身につけ、それを次世代に伝える」というこれまでのエンジニアの働き方が通用しなくなってきており、一つの企業で働くことに魅力を感じないエンジニアの数が増えています。このサイトでは、そうしたエンジニアに向けて今の会社を辞めた場合の二つの道、「フリーランス」と「転職」を比較するための情報を紹介していきます。

フリーランスと転職の違いとは?

フリーランスとして独立すべきか、もしくはキャリアアップ転職かを決めかねている場合、まずはそれぞれの違いを客観的に比較してみることをオススメします。転職とフリーランスの決定的な違いは、雇用の範囲から出るか否かにあります。フリーランスが増えている背景には、終身雇用制度の崩壊が大きな要因となっている現状を知っておくこともどちらかを選択する上で参考になると思います。どちらの道がより適しているかは個人によって違いますので、じっくり比較検討しましょう。

フリーランスを選択するなら覚えておこう

雇用されずに個人事業主として独立するフリーランスという選択肢を選ぶなら、独立後のことを具体的に考え始める必要があります。まず先立つものとして必要になるのがお金です。フリーランスは実力に応じて高い報酬を得られ、時間や場所にも縛られず、すべて自分の采配で仕事ができるという自由が手に入ります。一方、その自由を死守するだけの責任も負うことになるわけです。どんなに優秀なフリーランスでも仕事がない時期というのは必ずあるものです。その時に何をするかが大切です。

転職するために必要なこと

「転職か、フリーランスか」という選択は、「会社員か、個人事業主か」という選択にそのまま置き換えることができます。会社員としての転職を選択するならば、年収や仕事内容、職場環境など、今の条件よりも良い条件で働けるような転職を実現させましょう。転職活動を始める時期や転職先の探し方、面接対策など、転職をキャリアアップの有効な手段として成立させるために必要な情報をいくつか紹介します。特に転職先の探し方はキャリアアップにつなげるための重要なポイントです。

PAGETOP

ABOUT ME

キャリアアップ転職か、もしくはフリーランスとしての独立か。それぞれのメリットや働き方の違いなどを紹介し、比較検討の参考となる情報を提供するサイトです。

Copyright (C) 2015 どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職 All Rights Reserved.