どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職

転職との違いは?フリーランスになる利点はたくさんある!

どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職
アクセスランキング

フリーランスになる利点とは?

フリーランスと転職を比較するために、それぞれの利点を考えてみましょう。フリーランスの利点の中で、個人的に重要と思われるのは以下の三つです。

収入増が期待できる

なんといっても仕事の話ですから、収入のことは大事です。一般的なフリーランスのエンジニアの場合、プログラマならば月に50万円前後、システムエンジニアならば70万前後は稼げると言われています。もちろん、これはあくまでも平均的な値ですから、高度な技術力を持っていたり、プロジェクトを管理する能力が評価されれば、これ以上になることもあります。中には月に100万以上稼いでいる人もいますし、あなたの能力次第ではさらに上も狙えるでしょう。会社員のままでこれだけ稼ぐのはなかなか難しいですから、これは大きな魅力ですね。
しかし、フリーランスになった場合、これまで会社が払ってくれていた交通費などの経費や税金を自分で払わなければなりませんし、ボーナスや退職金もありません。ですから、目安としては今の年収の1.5倍程度を稼ぐ必要があります。また、領収書をきちんと管理し、経費として帳簿に記入することで、できるだけ税金を減らす、といった努力も必要になってきます。

自分の興味で仕事を選べる

とはいえ、誰もが収入だけを考えてフリーランスになるわけではありません。多少生活が苦しくなったとしても、自由を手に入れるためにフリーランスになる、という場合もあるのです。会社に勤めていれば、自分の好き嫌いで仕事を選択するということはできません。もちろん、やろうと思えばできるでしょうが、「あれがやりたい」「これはやりたくない」「それは不得意だから断る」と言い続けていれば、いずれは会社にいられなくなってしまいます。 一方、フリーランスなら、自分が得意な仕事や興味のある仕事を選んで引き受けることができます。時には生活のため、やむなく興味の無い仕事を引き受けざるを得ない場合もありますが、選択の余地があるのと、まったく無いのとでは天地の差があります。ですから、これもフリーランスの大きな利点と言えるでしょう。

副業をすることも可能

これも「自由」に関することですが、フリーランスならば「本業に影響が出ない」と自分が判断できるなら、いくらでも副業ができます。当然ながら、普通の会社では業務に集中してもらうため、副業を禁止しているわけですが、フリーランスならば自由です。人によっては、このことに一番大きな価値を見いだすかもしれません。たとえば「専門書を書きたい」「iPhoneやAndroidのアプリを作ってヒットさせたい」「自分の知識を活かした情報サイトを作って広告収入で稼ぎたい」などと副業に力を入れることを考えているなら、会社の決まりに縛られず、自由に副業ができるフリーランスという選択肢は魅力的でしょう。

PAGETOP

ABOUT ME

キャリアアップ転職か、もしくはフリーランスとしての独立か。それぞれのメリットや働き方の違いなどを紹介し、比較検討の参考となる情報を提供するサイトです。

Copyright (C) 2015 どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職 All Rights Reserved.