どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職

フリーランスや転職者の増加は終身雇用制度崩壊が要因

どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職
アクセスランキング

終身雇用制度の崩壊が働き方を変えた!

実際に自分の周囲でリストラが起きていたりしないと、人間はなかなか危険が迫っていることに気づけないものです。しかし、今の日本の状況を知れば、もう安穏としてはいられないということに気づくはずです。

終身雇用神話の終わり

一昔前の日本では、「一般的な」「正しい」働き方といえば、「良い大学を出て、良い会社に入ること」でした。終身雇用制度により、「良い会社」が定年までその人の暮らしを保証してくれる、ということを誰もが信じていたのです。そうでない働き方をしている人は一段下に見られましたし、自分から望んでこれ以外の働き方をした人に聞いても、「一般的には」終身雇用してくれる会社で働く方が正しい、という答えが返ってくるような、万人にとっての常識とも言える考え方だったのです。
しかし現在、この考え方を信じて就職し、幸せな家庭を持った30代や40代の会社員が、ある日突然リストラされ、途方に暮れるという事態が発生しています。

終身雇用制度が始まった理由

そもそも、昔の日本では終身雇用という制度は一般的ではありませんでした。丁稚奉公から始まり、番頭に至るまでの姿を終身雇用と重ねる見方もありますが、いくつもの違いがあることからこれを否定する声も多く、また職人の場合は、親方の下で技術を学んだ後は独立する、というのが当たり前でした。この状況が変わり始めたのは、日本での産業革命以降です。大きな工場や企業が雇った労働者が、これまでのように技術を身につけたらすぐに去ってしまうのでは、育成にかけた手間や時間がまるまる無駄になってしまいます。これを引き止めるために考え出されたのが終身雇用という制度なのです。
企業が必要と考えたために生まれたものですから、それが不要と判断されれば無くなるのは当然です。日本の経済成長が続いている間はこの制度は有効でしたが、いわゆるバブル経済が破綻し、不況が続くにつれ、メリットよりもデメリットの方が目立ってきました。現在では、企業が求めているのは労働者の定着性よりも流動性の高さであり、そのため大企業を除いて終身雇用は名ばかりのものになりつつあるのです。

誰もが避けられない時代

ですからこれは、現時点でリストラされていない人にとっても他人事ではありません。嘘でも冗談でもなく「明日は我が身」という可能性が誰にでもあるのです。そうした状況で、「いくら可能性があっても実際にそうなるかわからないから、不安に思う必要は無い」「そうなったら、その時に考えれば良い」と考えているなら、それはすこし暢気すぎるというものでしょう。たとえば地震に対する備えを考えてみてください。
あらかじめ準備しておいて何も起きなかったなら笑い話ですみますが、なんの準備も心構えも無くその事態に直面して、適切な行動を取れる人がどれだけいるでしょうか?そう考えれば、解雇されたり、自分から会社を辞めたりした場合に備えて、今からフリーランスや転職ということについて考えておくことがどれだけ大切か、わかってもらえるかと思います。

PAGETOP

ABOUT ME

キャリアアップ転職か、もしくはフリーランスとしての独立か。それぞれのメリットや働き方の違いなどを紹介し、比較検討の参考となる情報を提供するサイトです。

Copyright (C) 2015 どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職 All Rights Reserved.