どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職

フリーランスにはないメリット?転職することの魅力とは

どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職
アクセスランキング

転職にも魅力がある!

フリーランスの利点がわかったところで、次は転職した場合、つまり会社員でいる場合の利点について考えてみましょう。

生活が安定する

終身雇用制度の崩壊により、10年、20年という単位での安定を求めるのは難しくなりましたが、来年や再来年のことさえわからないフリーランスに比べれば、会社員ははるかに安定していると言えるでしょう。フリーランスは仕事を得るための努力をしなければ、空白の期間ができてしまい、その間収入が無くなってしまいますが、会社員ならば、会社が与えてくれる仕事をこなしていれば毎月決まった給料がもらえますし、ボーナスや特別手当なども期待できます。フリーランスか転職かを判断する際に、多くの人が魅力と感じるのはこの点かもしれません。

会社まかせにできる

フリーランスになった場合、今まで会社がやってくれていたことをすべて自分でこなさなければなりません。会社にいれば、税金の計算や納付をする必要はありませんし、その日、あるいはその月全体でどれぐらい働き、休むかといったことに頭を悩ませることもありません。こうしたことに楽しさを見いだせたり、苦労と感じないタイプの人なら問題無いのですが、面倒でやりたくない、という人も少なくないでしょう。そのような人にとっては、余計なことを考えず本来の仕事だけに集中して取り組むことができる、ということも会社員の大きな利点の一つとなります。

会社のお金で勉強できる

向上心の強い人の場合、「会社のお金で学ぶことができる」ということも、会社に所属することの利点として挙げられるでしょう。一般的に、企業の人件費のうち給料となるのはその八割ほどで、残りの二割は社会保険料と福利厚生や社員教育のために使われます。
もしフリーランスになってから何かを学ぼうと思ったら、すべて自分のお金でやらなければいけません。会社のお金で研修や勉強会に参加し、様々な資格を得ることもできる、というのは会社員の特権です。

社会的な信用を得られる

今後は状況が変わっていくと思われますが、残念ながら現時点の日本ではフリーランスの社会的な信用度は低く、これを求めるなら会社員でい続ける必要があります。フリーランスでは絶対にローンやクレジットカードの審査に通らない、ということはありませんが、審査する側からすれば、たとえ年収が低くても普通の会社に勤めている人と、今は儲かっていても明日のことがわからないフリーランスとを比べた場合、どちらをより信用するかは言うまでもないでしょう。
今後ローンなどが必要になると考えている人にとっては、これが一番重要な利点かもしれません。一方、「自分は車も家も買う予定は無いから大丈夫」と思っている人でも、思わぬことで大きなお金が必要になることもありますから、あまりこれを軽視しない方が良いでしょう。

PAGETOP

ABOUT ME

キャリアアップ転職か、もしくはフリーランスとしての独立か。それぞれのメリットや働き方の違いなどを紹介し、比較検討の参考となる情報を提供するサイトです。

Copyright (C) 2015 どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職 All Rights Reserved.