どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職

フリーランスが仕事がない時にやるべきこととは

どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職
アクセスランキング

仕事が無い時にやるべきこと

IT業界が人手不足とはいえ、フリーランスのエンジニアが全員、常に山ほどの仕事を抱えているわけではありません。やはり仕事がなかなか、あるいはまったく見つからない時というのはあります。では、そうした時にはどうすれば良いのでしょうか。

多くの仕事を見つける

友人や知人など独自のコネクションを作ってから独立し、彼らから紹介された仕事をこなす、というスタイルの場合、よほど大規模でなければそれだけでやっていくのは難しいでしょう。それが彼らの本業ではない以上、紹介できる仕事の数には限りがあります。
逆に言えば、それを本業とする人に頼めば良い、ということになります。あなたの周囲にそうした個人はなかなか見つけられないかもしれませんが、ネット上にはエンジニアに仕事を紹介するエージェント企業のサイトがいくつも存在します。こうしたサイトに登録して仕事を紹介してもらう、というのがまず一つです。多くの仕事を紹介してもらうためには、複数のサイトに登録した方が良いでしょう。
また、その他にもクラウドソーシングサイトに登録してエンジニア向けの仕事を探してみる、という方法もあります。この手のサイトではサイトのデザインなどの仕事が多く、また基本的には短期で低単価、といった問題もありますが、ちょっとした空白期間ができてしまった時に、それを埋めるため使うのは良い考えかもしれません。いずれにせよ、一つの手段にこだわらず、いろいろな方法を使って多くの仕事を探す、ということが大切です。

仕事を切らさない工夫

「なかなか仕事が見つからない」と悩むのは、一つの仕事が終わった時ですから、長期の仕事を何度か引き受けた年よりも、短期の仕事を大量に引き受けた年の方が、その回数は多くなります。
つまり、悩みたくなければ、多少単価が低くても長期の仕事を選ぶべきですし、それで空白期間ができなければ、結果的に収入が増える可能性もあるわけです。仕事が無い時に、さらに仕事を選ぶ、というのは難しいと思いますが、できれば短期の仕事ばかり依頼してくるクライアントよりも、長期の仕事をまかせてくれるクライアントをある程度優先する方が良いでしょう。

最後の手段「転職」

いろいろと手を尽くしても仕事をうまく見つけられない場合は、フリーランスのエンジニアから会社員へと転職することを考えた方が良いかもしれません。もしなんらかの理由で、業界全体に一時的に良い仕事が少なくなっている、ということなら、その短い期間だけでもかまいません。仕事が見つけられない状態で、ただ「仕事が無い」と毎日愚痴をこぼしているだけでは時間を無駄にするだけです。会社員時代のように、ヒマでも給料がもらえるわけではないのですから、状況の悪さを感じたら、早めに決断して行動することを心がけるべきでしょう。

PAGETOP

ABOUT ME

キャリアアップ転職か、もしくはフリーランスとしての独立か。それぞれのメリットや働き方の違いなどを紹介し、比較検討の参考となる情報を提供するサイトです。

Copyright (C) 2015 どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職 All Rights Reserved.