どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職

必読!フリーランスを選択するならチェックしたい書籍を紹介

どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職
アクセスランキング

フリーランス派は必読の書

これからフリーランスになることを考え始めた人にぜひ読んでほしい本を紹介します。最初の二冊はフリーランスの生き方や考え方に関する本で、最後の一冊は税金に関する実用的な知識を身につけるための本です。

「フリーで働く!と決めたら読む本」

「フリーで働く!と決めたら読む本」は、フリーランスになるための方法や、なってからの注意点や問題への対処法などについて書かれた本ですが、同時に著者の中山マコト氏の考える「プロフェッショナルフリーランス」という生き方を伝える本でもあります。ただ「フリーランスになる」だけなら、決意さえあれば誰にでもできるのですが、それだけではただ会社を離れただけで、本当の自由を手に入れることはできません。
むしろ、フリーランスになる前よりも不自由になってしまうことも少なくないのです。中山氏はただ漫然と仕事を引き受けるのではなく、自分を管理して「プロフェッショナルフリーランス」になることで、取引先と対等に渡り合える、本当の意味で「独立」した自由な存在になれる、としています。この働き方を実践するかどうかはあなた次第ですが、こうした理想があることを学び、自分なりの働き方について考えてみるのは意味のあることです。

フリーで働く!と決めたら読む本
フリーで働く!と決めたら読む本

「ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと」

日本では「ノマド」という言葉だけが有名になってしまい、「カフェにタブレットやノートパソコンを持ち込んで仕事をしていればノマド」というようなイメージばかりが広まってしまっている感があります。「ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと」は、ハワイと日本を中心に、時には他の国でも仕事をしている本田直之氏によるノマドライフの解説書です。
「自分にはちょっとスケールが大きすぎる」と思う人もいるかもしれませんが、ノマドライフの実現のためにはどうすれば良いのか、どういったところに気をつけなければいけないのか、といった本質的な部分は十分役に立つはずです。

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと
ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと

「フリーランスを代表して節税と申告について教わってきました。」

フリーランスになると毎年の確定申告というものを避けることはできません。これを不安に思っている人には、「フリーランスを代表して節税と申告について教わってきました」がわかりやすい解説書としてオススメです。 エンジニアなら、著者のきたみりゅうじ氏の名前を見かけたことのある人も多いのではないでしょうか。堅苦しくなりがちな内容を、きたみ氏と税理士の対話形式で読みやすく書いてありますから、「お金の話は難しそう」とこの手の本を敬遠している人にもオススメです。事前に読んでも勉強になりますが、フリーランスになってから読んでも役に立つ一冊です。

フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。
フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。

PAGETOP

ABOUT ME

キャリアアップ転職か、もしくはフリーランスとしての独立か。それぞれのメリットや働き方の違いなどを紹介し、比較検討の参考となる情報を提供するサイトです。

Copyright (C) 2015 どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職 All Rights Reserved.