どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職

転職成功の秘訣!エージェント活用法

どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職
アクセスランキング

エージェントを活用して転職先を探そう

転職してから後悔しないように、転職先の選択にはじっくりと時間をかけるべきです。しかし、そのためにはまず転職先の候補を用意する必要があります。転職先を探す方法として、以下のようなものが考えられます。

知り合いを頼る

転職を思い立って転職先を探し始めた時、まず頭に浮かぶのはこの方法かもしれません。実際にその職場で働いている、あるいはそこが取引先でよく訪れている、という知人や友人がいれば、「どういった人材が不足しているか」「人間関係や雰囲気はどうか」といった詳しい情報を得ることができます。
これは確かに貴重な情報ではあるのですが、やはり一人の人間の人脈では得られる情報の数に限りがある、というのが難点です。転職先の候補が多ければ、その中から一番自分に合った所を選びやすくなりますが、二つか三つの中から強引に選べば、転職後に悔やむ可能性が高くなってしまいます。また、親身になって相談に乗ってくれる人がいた場合、もし望まない転職先を紹介されてしまうと、つい断れずにそこを選んでしまう、ということもありえます。

求人サイトで情報を集める

次に、あちこちの求人サイトをチェックして、求人情報を集めるという方法について考えてみましょう。求人サイトにはそれぞれ特徴があり、たとえばハローワークのサイトには無料で求人情報を載せてもらうことができるため、他のサイトには無い求人情報を見つけることができます。また、それ以外の一般企業が運営する求人サイトでは、その企業の得手不得手や立地によって、求人情報が多い分野、多い地域などが変わってきます。
この方法には、無料でいつでも気が向いた時に探せる、という利点がありますが、今度は候補の数が膨大になりすぎ、その中から自分に合った所を探すのが難しくなりやすい、という問題もあります。

転職エージェントを利用する

多くの情報を比較検討して最適な転職先を探す、という作業を自分一人で行う自信が無いなら、転職エージェントの力を借りることを考えましょう。転職エージェントに自分の望む仕事内容や転職の動機、得意なことなどを話すことで、多くの候補の中からあなたに合ったものを紹介してもらえます。
一人の人間が数百回、数千回の転職を経験することはありませんが、転職エージェントは数百人、数千人の転職を見つめてきたプロですから、その判断はある程度信頼できると考えられます。どうしても信頼しきれないなら、あくまでも助言の一つとして受け止めれば良いのです。
また、転職先だけでなく、転職に関すること全般、つまり履歴書や職務経歴書の書き方、面接への対処法などの相談にも乗ってもらえますから、「初めての転職で右も左もわからない」という場合には特にオススメです。

PAGETOP

ABOUT ME

キャリアアップ転職か、もしくはフリーランスとしての独立か。それぞれのメリットや働き方の違いなどを紹介し、比較検討の参考となる情報を提供するサイトです。

Copyright (C) 2015 どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職 All Rights Reserved.